ペアネックレス 2人の絆を深めるアイテム

2人の絆を深める、ペアネックレス

-PR- 人気の高級手作りペアネックレス

恋人同士で何かお揃い(ペア)のものを持つのって、やっぱり素敵ですよね。彼氏や彼女ができたら、まず最初のデートで、二人で身に付けるペアアイテムを買いに行くという方も多いのではないでしょうか。ペアアイテムを身に付けるという幸福感はもちろん、お気に入りのアイテムを二人で選ぶ時間もかけがえのない思い出になって、ずっと二人の宝物になります。


昔は堂々とペアルックの服を着るカップルも多かったのですが、今はアクセサリーや時計などをペアにするのが主流。または、マフラーや帽子といった小さなファッションアイテムをペアで身に付けているカップルもよく見かけます。あからさまではなくて、だけどよく見ると「あ、お揃いだ!」とわかってしまう、そんなさりげなさが魅力なんですよね。


なかでも、ペアアイテムとして根強い人気を誇るのは、やっぱりアクセサリーです。アクセサリーは特別な人にしか贈らないモノという認識が強く、恋人にアクセサリーを贈って身に付けてもらうことで、恋人としての安心感や自信も生まれるものです。一説によると、異性にアクセサリーを贈るのは「独占欲」のあらわれとも言われています。アクセサリーをペアで身に付けると、恋人同士ならではのスペシャルな気分が、より一層味わえますね。


そしてペアアクセサリーの王道といえば、「ペアリング」です。数あるアクセサリーの中でも、リング(指輪)は特別な存在。やはりエンゲージリング(婚約指輪)やマリッジリング(結婚指輪)が連想されるので、特に女性はペアリングに憧れがあるのではないでしょうか。
男性も女性も、アクセサリーが好きで普段からリングを身に付けている方でも、「薬指」だけは特別なものとして認識している方が多いので、薬指に指輪を付けている人を見ると、自然に「あ、この人はきっとパートナーがいるんだな」と思いますよね。リングは、恋人同士の絆を確かめ合うためにも、周囲にそれとなくアピールするためにも、最も効果的なアイテムと言えるでしょう。


しかし、リングは毎日身に付けていたくてもなかなか難しいという場合も多いのが残念なところ。私の友人の旦那様は、お仕事で塗料や油を扱う仕事をしているので、結婚指輪をお仕事のたびに外さなければならず、頻繁に付けたり外したりしていて無くしてしまうのも困るし、平日は付けないという状態に落ち着いてしまったそう。また、お仕事の内容によってはマナーや衛生上の問題でリングを付けられない方や、若い学生さんカップルの場合は校則で禁止されていて付けられない方も居ますよね。
大切に保管しておいてオフの時だけ身に付けたり、普段もポーチやお財布の中に入れて持ち歩いているという方も多いでしょうが、せっかくのペアアイテム、いつも身に付けてパートナーを近くに感じていたいというのが本音なのではないでしょうか。


そんな方にオススメしたいのが、「ペアネックレス(ペンダント)」です。ネックレスなら、服の中に隠すことができるし、手先の作業の妨げになることもないので、いつでもどんな時でも身に付けていられますし、アクセサリーが少し苦手な男性でも、ネックレスなら抵抗なく付けられます。しかも、ネックレスは心臓に一番近い位置に付けられるアクセサリー。二人の心を繋ぐアイテムとして、とってもロマンチックだと思いませんか?


私の周囲でも、いろんなカップルに話を聞いてみると、ネックレス(ペンダント)は恋人同士のペアアクセサリーとして、実はリングよりも人気が高く、よく選ばれているのではないかと思われるほどです。ネックレス(ペンダント)は、誰でも気軽に、いつも身に付けていられるアクセサリー。デザインも豊富で価格の幅も広いので、二人にピッタリのアイテムをじっくりと探せることも魅力です。ペアリングを持っているカップルが二つ目に選ぶペアアイテムとしても、非常に人気があるようですね。